去年の秋に書いた言葉 | ybb4ac | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

去年の秋に書いた言葉

返信

ジトジトした湿り気のない爽やかな秋の風が、

クールビズ仕様のワイシャツの襟元を抜けていく。

まだ夏の強さを残している日差しのせいで,

どこかバランスが悪い空気の中、

私は土手沿いのサイクリングロードを歩いていた。


道を護るように咲いていたたくさんの向日葵たちは、

いつの間にか花から葉へと黄色を移し、

一様に太陽から顔を背け俯いている。

少し前まではお互いに向き合っていたのに。


川に架かる大きな橋に差し掛かると、

天寿を全うしたであろうセミが一匹、

白いタイル状の道に横たわっていた。

地上に這い出てから一週間生きられるかどうかの短い時間の間に、

彼(彼女)は何を見たのだろうか。


目に映るものが全て、自分自身の心境と重なってしまう。

今の私だから、そういうものが目に入ってしまうのか。

もしくは、そういうものを見たから、この心境になったのか。

…前者だろう。


季節の分かれ目。何かの終わり。

その瞬間がいつなのかはわからない。

いつも、いつの間にかやってきていて、

後になって終わったことに気づく。


夏ほど楽しく、淋しいものはない。

去年の夏は、そんな夏。

投稿者 ybb4ac | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.